ブラックキャッシングを使うなら

キャッシングブラックをもっと知りたい

過去に金融機関でお金を借りて延滞を繰り返し、その影響で金融機関でお金が借りられなくなってしまった、なんて人いないだろうか。
それでもお金が必要になり、他に頼れる人もいない。犯罪に手を伸ばすわけにもいかず、ヤミ金を利用したら人生終わりだ。

そんなお困りの方にはぜひブラックキャッシングをご利用ください。

過去に自己破産や債務整理などの金融事故を犯した人は金融機関で融資を受けることができない。
「ブラックリスト」なるものは実際には存在しないが、過去の顧客情報はちゃんと信用情報機関に保管されていて、クレジットカードやローンの申し込みの際の審査はその情報をもとに行っている。その金融事故のある顧客情報を「ブラック情報」と呼び、各社にその情報が回って「この人はブラック」と審査される。
具体的には、「支払い予定日より3ヶ月間支払いが遅れた場合」「自己破産」「任意整理」「特定調停」「過払い金請求」「個人再生」などがブラック情報にあたるのだが、これらはペナルティの期間がある。ペナルティの履歴は期間が満了しても消えることはない。

以上のようなブラック情報があっても審査をしてくれる業者が一部には存在する。表立って「ブラックOK」とは言わないまでも、審査が通ればきちんと取り扱ってくれます。
大手消費者金融との大きな違いはシステム化された審査を行わないことにあり、どちらかといえばその人間性も判断材料として審査をするという点にあります。また大手消費者金融よりも詳細情報を尋ねられたり提出するものが多い場合もあり、審査も担当者によって違うという点は理解しておく必要があります。それら細かな違いは各社ホームページを確認し、自分で判断して利用しやすい場所をぜひ選ぶようにしましょう。

ブラックキャッシング業者の中には上限金利や総量規制の影響から廃業するところも数多くありました。今も続いている業者も貸付基準を変更したり、新規貸付を停止したりと金融業者にとって厳しいことが多々ありました。それでもなおそういったブラックの方に貸付を行ってくれる業者があることはある意味幸運なことかもしれません。

中にはもちろん悪徳な業者もあります。過去の事故履歴は削除できないのに「削除するから料金を支払って」と要求してくる業者もあります。そのような業者と関わっても100%いいことはないので、利用の前にはしっかりとその業者を見極めて行うようにしてください。人生を余計に台無しにしないように、下準備はしっかりしていきましょう。

事故情報などを管理する信用情報機関というものは、主に銀行(全国銀行個人信用情報センター)・消費者金融(株式会社CIC)・信販会社(株式会社日本信用情報機構)の3つに分類される。

なぜブラックな人にも融資を行う企業があるかというと、そもそも金融ブラックの人に融資をすること自体法律に反しているわけではないということをまず前提とする。結局有名どころの銀行でも中小企業の消費者金融でも、相手が信用できる人であれば貸すことができるわけです。つまり「ブラック」という情報はお金を貸すかどうかの基準でしかないのです。企業としては10万でもお金になれば融資したいところですし、それでも十分に利益を得ることができます。
ブラックでも融資する会社はそれだけ利用者からお金を回収する自信があるわけで、リスクが高まる分だけ一般的な消費者金融よりも工夫した回収方法を採用しています。そこで注意したいのは、表立ってはいないものの、多少の圧力や催促は利用者にされるということです。さすがに怖い人が乱暴に取り立てに来たり、勤務中の会社に直接電話やFAXをしてくるというようなことはありません。もしそのような企業があれば、「日本貸付業協会」に必ず相談するようにしましょう。そんな企業に無理にお金を支払う必要はありません。

また金融に関する知識として1つ知っておきたいのが、「街金」と「消費者金融」は大小なりの違いがあるということ。
消費者金融は一般消費者に向けてお金を貸している金融業者を指し、街金は店舗を持つ地元住民向けに融資している金融業者です。インターネットの普及以前は全国に支店を持つ大手金融業者と地元に根づいた金融業者は分かれていたが、現在ではオンラインでの申し込みが可能になったので、その境界線はなくなって「街金」という言葉自体がなくなっていきました。

<信用性>
日本貸付業協会とは、国内で経営されている金融業者が違法な営業を行っていないかをチェック・指導するために平成18年に設けられた法人です。「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」により、「貸金業の規制等に関する法律」の名称が「貸金業法」に改められました。それによって各都道府県の貸金業協会とこれを会員とする民法法人である全国貸金業協会連合会との二重構造をなしていたものを廃止して、新しい法人として設立されました。この貸金業協会は、これまでの貸金業協会とは法人格が違って、貸金業者が内閣総理大臣の認可を受けて設立した法人です。東京に本部と全国47都道府県に支部を設置して、従来の貸金業協会に比較して機能を強化・強力な自主規制機関として期待されています。
具体的には金融業を含む業者に対して社内規定のガイドラインを提示したり、企業に対して指導やクレーム受付、相談などを行っています。この協会に登録されている企業であれば、つまり法律で定められた基準を満たしている企業であるということになるので、まず悪徳企業ではないという証拠になる。登録するには厳しい審査を受けているので、安全が保証されている信頼できる企業であるといえるでしょう。ここに登録されていて企業は利息がしっかりと法律に則っており、新聞やCMなどの広告出講審査を受けられる。
中には登録のロゴを利用して、あたかも登録されている企業のように偽装する悪徳業者も存在します。初めて利用する人はその見分けがなかなかつかないものですが、利用の前には念のため日本貸付業協会に問い合わせて登録番号が正しいかどうか確認するとなお良いでしょう。

審査のレベルは金利が高いほど審査のレベルは低くなり、逆に金利が低いと金融業者はそれだけリスクが高まるので審査のレベルは高くなります。踏み倒されたり夜逃げされる可能性があるので、このように金利に比例した審査レベルの設定が行われています。
金利の相場は7~20%程度と幅があります。一般的に額が少ない融資であれば金利は高めで、額が高い融資であれば金利が下がる傾向にあります。金利は0.1%単位で異なりますが、少しでも金利が安い金融業者を選びたい人は厳しい審査が待っているということだけ心得ておきましょう。
審査の際には様々な基準で検討されることになりますが、中でも過去にどのくらいの割合でお金を借りたか「借入回数」やその「頻度」「機関」等は重要なポイントになります。一度に複数の企業から融資を受ける「多重申込」をしている人にはより厳しい審査が行われます。追加借入が重なればそれだけ返済能力に疑問を抱きますし、「お金に相当困っている人」として業者間でもチェックされる可能性があります。半年に3件程度であれば通る可能性はありますが、それ以上の場合はより詳しく事情や理由を聞かれますので答えられるように準備しておいてください。

貸付可能となる場合の最低条件をあげたいと思います。「20歳以上~65歳以下」「日本国内に住んでいる」「安定した収入がある」「国民健康保険証、社会保険証、パスポートなど本人確認のための書類がある」「源泉徴収表、課税証明書、給与明細書、確定申告書などの収入を証明する書類がある」「・雇用形態 正社員・アルバイト・パート・契約社員・派遣」「勤続年数 1年以上」「住所や電話番号、居住年数、住居形態などの住居情報」「過去の債務整理の有無」「過去の返済延滞の有無」「現在の借入情報」。
これらは少なくとも全て満たす必要がありますので、漏れのないように準備をしておきましょう。
また収入が安定していれば返済を延滞した過去があっても審査が通過します。この「安定」という部分が重要で、基準としては例えば公務員であったり、雇用形態であれば正社員、具体的な年収で言うと年収300万はあれば通過する可能性が高まります。また賃貸よりも持ち家に住んでいる人の方が夜逃げ等のリスクも減りますので有利になります。ちなみに勤続年数は最低でも1年以上。ころころ職場を変えている人は安定が収入しませんし、無職になった場合は返済もできなくなるので、長期で働いている人は信用度が高まります。
審査条件は前述の通り「人間性」を重視し、また担当者によって評価の仕方はまちまちですので、否決された場合にも他の企業が通る可能性がありますからチャレンジを続けてみるのもよいでしょう。

また、原則として嘘は絶対つかないようにしてください。審査における嘘は何の得にもなりません。データは信用情報機関に残っていますし、調査すれば正確な情報は掴めてしまいます。またその嘘がバレると返って信用を失い、その情報が各業者に回ってより審査が厳しくなってしまいます。嫌な過去を隠したい、という人間の心理は理解できますが、審査上では何もプラスになりませんので、ここでは包み隠さず素直に話しましょう。

【審査内容】
本人確認:免許証や保険証などの必要書類のコピーで審査
信用情報機関の照会:事故情報の調査
スコアリング:申し込みした利用者のデータをもとにコンピューターを使って返済能力を数値化するもの
電話確認:利用者が申告した会社にきちんと在籍しているかどうかの確認

<悪徳業者>
前述したように日本貸付業協会にあたかも登録されているかのような悪徳企業の他にも、色々な手口があります。初めてだと見分けがつかないこともあると思いますので、例をいくつかご紹介していきたいと思います。

まず第一に、「債務整理を請け負う」と法外な手数料を要求してくる業者は気をつけて下さい。弁護士を装って話しかけてきたりするため利用者は騙されやすいですが、人の誘導に載せられないでしっかりと額や条件でその企業を判断しましょう。場合によっては返済金を請求してきたりするので、債務整理を持ちかけてくる業者には近づかないようにしましょう。このような業者は「整理屋」と呼ばれ、事務所を訪れた際に弁護士や司法書士が立ち会わず、事務員しか出てこない場合は100%整理屋と認識して間違いないと思います。他にも自分の感覚で「怪しい」と思ったらすぐに契約はせず、日本貸付業協会に相談して、客観的な判断を煽りましょう。

また正規業者を装った闇金業者も存在します。金利は18%と法定規則内にも関わらず借り入れた後に違法な利息を取り立ててきたり、勤務先等に嫌がらせをしてくるケースがあります。そういう場合には黙って従うのではなく、必ず相談してしかるべき対処をしましょう。

他には紹介屋と呼ばれる人もいて、利用者を闇金業者に紹介して職入金額の10~30%を受け取っています。「多重債務者のための債務一本化」などの謳い文句で利用者を釣り、融資申し込みをわざと断って融資を受けられる別の業者に紹介するなどの巧妙な手口を使ってきます。また無人契約機の近くで待機して審査に落ちた人を狙う、という業者もいます。紹介屋を利用して得することは何もないので、絶対に利用しないように注意してください。

<まとめ>
以上のように、審査は一般消費者金融に比べると通りやすいとはいえ、事務的に見られるところはしっかり見られた上で、かつ人間性も見られるということで、厳しいというのは変わりないです。そして借りた後は返済プランと、返済後の生活の立て直しでお金のやりくりは相変わらず難しいものです。借入を繰り返していれば金銭的にマイナスが増えていくだけですので、いち早く利用から遠ざかれるように手段を考えましょう。日本貸付業協会に色々と相談してみるのも手かもしれません。ブラックである、という時点で一般の金融業者からは「NO」のサインをされるわけで、それでも借りたいというのはアウトローな方法しか残されていないということです。自分が犯した失敗と甘かった金銭管理をまず反省し、改善していく方向で考えていきましょう。

できるなら借りない方が絶対いいに決まってます。何らかの事情があって借りなければならないという人は、一時の必要性で借りてお終いではなく、繰り返さないための対策もしっかり組んでから借りるようにしましょう。

⚪︎ブラックの原因:金融事故とは
金融事故はローンやクレジットカードの返済で問題が発生し、返済が正常に行われたかったことによって「金融事故」と見なされます。

金融事故が起こると信用情報に登録されますが、具体的な金融事故とは一体何なのか?

1長期延滞
ブラックの中でも最も多い事例として「長期延滞」というものがあります。返済期限よりも2〜3ヶ月以上支払いが遅れることによって事故情報として信用情報に登録されることになります。またそれ未満の場合でも延滞を繰り返した場合、3回以上延滞した場合などは金融事故と見なされてペナルティを受けることになります。

2債務整理
「ブラック」と聞くと、ぱっと頭に思い浮かぶのが「自己破産」を始めとする、いわゆる「債務整理」になりますね。債務せいろは合法的に借金を整理することで、主に返済の負担を減らす目的で行われることになります。債務整理には「任意整理」「特定調停」「自己破産」「個人再生」の4種類があります。

現在日本には200〜300万人の人が借金問題で苦しんでいると言われていますが、こういった借金を背負いこみ、返すのが困難になると、多くの場合は自殺や夜逃げをしてしまい、法律家を通した借金の整理はほとんどの人がしません。
「法律家を通すと余計にお金がかかる」「誰にも相談したくない」といったようなことから債務整理を避ける人が多くいますが、どんなに大きな借金であっても法律で整理できない借金はありませんのでご安心ください。

・債務整理のメリット
裁判所を通さずに司法書士や弁護士が貸金業者と交渉をすることになるため、利用者側の負担は少なく、周囲に知られるということもよっぽどのことがない限りまずありません。
完済された過払い金返済請求は信用情報機関に登録されず、過払い金返還請求をすることによって払いすぎた利息が戻ってくる可能性があります。
一方で過払い金返還請求をすることによって二度とその消費者金融からお金を借りることができない可能性はありますが、悩みからは一切解放されるため、債務整理をして後悔する人はまずいないと言えるでしょう。

3任意整理・特定調停
任意整理は債務者が債権者と話し合って、借金の負担を減らしてもらうことです。これには間に弁護士などが立つことになりますが、今後発生する利息を免除してもらえる場合が多く、債務者は話し合いによって決まった取り決めに沿って、例えば分割で2年程度で返済していく、などの形にします。特定調停も任意整理と同じような手続きになりますが、こちらは裁判所の仲介のもと、債務者と債権者が話し合う形になります。

4自己破産
自己破産は裁判所を通して借金が免除される手続きです。この自己破産によってブラックキャッシングを利用される方も多くいます。
自己破産のメリットとしては、まず借金が免除されるというのが大きいです。
滞納税金については支払い義務が残りますが、多額の借金を抱えている場合、これによって間違いなく救済されることでしょう。
そして自己破産は誰でも手続きが可能です。消費者金融などからの取り立てもなくなり、精神的な解放も大きいでしょう。
ただし、自己破産をすることによって信用情報に載ることになるため、新規での借入やクレジットカードの作成ができなくなります。ここを解消しているのがブラックキャッシングになります。
そして原則20万以上の財産は処分されます。3ヶ月から半年間は一部の職業に就くことができず、事情によっては借金が免除されないことがあるのでご注意ください。

・主な流れ
破産手続きは裁判所に破産申立書の提出後に裁判所から指定された日に裁判官と会って面接をします。この面接は2回することになり、1回目は破産手続き開始を決定し、2回目は免責決定をするためのものです。
裁判所への破産申立提出は2週間後に1回目の面接があり、1回目の面接の後2〜3ヶ月したら2回目の面接になります。免責決定までは約1ヶ月程度かかり、決定が降りれば借金の支払い義務がなくなり、破産者ではなくなります。
厳密に「破産者」と言えるのは、手続き開始決定後から免責決定が降りるまでの期間です。これが過ぎれば職業制限もなくなります。

信用情報機関に登録されている期間は7〜10年の期間になり、それ以降は新たな借入も可能になります。その期間の間だけ、どうしてもお金が必要な方はブラックキャッシングを利用すると良いでしょう。

5個人再生
裁判所に個人再生を申し立てることによって、住宅や車といった一部の財産を残して、その他の財産を処分することで返済にあてます。これが裁判所に認められることによって借金を5分の1程度に減額してもらい、残った借金は3年程度で返済していくことになります。