2018/10/31

クレジットカード現金化が無審査で利用できる理由

クレジットカード現金化審査のイメージ
結論から行ってしまえば、クレジットカード現金化は貸金業ではないから、ということになります。
いきなりそんなこと言われてもどういうことだーってなると思うので、詳しく解説していきますね。

現金化業者はお金を貸さない

なんだか岸辺露伴的な見出しになってしまいましたが、端的に言ってしまえばこの現金化業者はお金を貸していない、という一言に尽きます。
金融機関でお金を借りる際に、なぜ審査が必要なのかと言えば、それは彼らがお金を貸すという貸金業を生業としているからなのです。
金融機関が人にお金を貸す際には貸金業法に乗っ取って、総量規制などの枠内でその人がきちんと返せる額であることを確認した上でしかお金を貸すことができません。
そうした規制以上の額を貸し付けると利用者もお金を返すことが出来なくなって、闇金などのブラックなところにお金を借りていくしかなくなってしまいますから、そういった規制が必要となり整備されて来たわけですね。
え、でも、現にこうしてお金が振り込まれているじゃないかという声が聞こえて来そうですね。(笑)
それでは、現金化業者がお金を貸していないということを確認するためにクレジットカード現金化の流れをおさらいしてみましょう!

クレジットカード現金化の流れをおさらい!
まず、クレジットカード現金化では業者にカードの種類や自分の電話番号などを申し込みフォームに記入して送信することが一般的です。
その後、現金化業者の指定したサイトやお店などでクレジットカードを利用して買い物をしますよね。
そして、その買い物をした商品を現金化業者が買い戻して代金をあなたの口座に振込む、またはその商品のキャッシュバックとして口座にお金を振り込むわけです。

はい、ここで確認なのですが、この一連のサイクルの中でクレジットカード現金化業者はあなたにお金を貸しているでしょうか。
答えは「貸していない」ということになります。
つまり、クレジットカード現金化ではお金を貸すという行為が必要ないので、現金化業者は貸金業を営んでいるわけではない=貸金業法に基づく審査を行う必要がない、ということなのです。

無審査での利用は法律で定義されていた

クレジットカード現金化業者が貸金業法に縛られる金融機関でないということはお分りいただけたと思います。
それではクレジットカード現金化に関連する法律とは一体なんなのでしょうか?

買い取り方式の業者に必要なのは古物商許可

買い取り方式の現金化業者はあなたが買った商品を買い戻し、また、それを別の現金化の際に使い回すわけです。
ですから、一度もあなたの手に渡ったことがないとしても、これは中古品の販売ということになります。
中古品を売買するためには古物商許可というものを受けなければなりません。
ですから、こうした買い取り方式のクレジットカード現金化業者は古物商許可を受けていなくてはなりません。
しかし、許可を受けることが難しいのか、ほとんどの業者は古物商許可番号をサイトなどに記載していません。
たまに記載している業者もありますので、そうした業者はしっかりとした優良な業者であると言えるかもしれません。

キャッシュバック方式の業者の場合

キャッシュバック方式の業者の場合、何か特別な許可が必要になるといったことはありません。
キャッシュバック方式はあなたが買い取った商品はきちんとあなたの元に届くことになりますから、これは中古品の販売ということでもありませんので古物商許可も必要ありません。
ただし、商品が届かなかったり支払った金額と比べてあまりに価値のない(例えばビー玉のような)ものの場合は業者が詐欺を働いたとして捕まることもあります。
こうした評判のある現金化業者は利用しないように注意が必要です。

まとめ

なぜクレジットカード現金化が無審査で利用することができるのか、その理由を解説して来ましたがおわかりいただけましたでしょうか。
現金化業者のサイトを見る際や、口コミを見る時にはこうしたポイントも視野に入れて見ていけば悪徳業者に捕まる可能性も低くなるので、利用する際には注意深く見ていきましょう!