現金化業者では使えない?他人名義のカード

他人名義でのクレジットカード現金化はできる?

すっかり誰でも1枚は所持するようになったクレジットカード。
しかし、結婚して専業主婦になった方や、ブラックリスト入りした過去があるなどの事情で、自分名義のクレジットカードを持ていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、他人名義のカードでも現金化はできるのかどうかについて、解説していきたいと思います!

他人名義のカードは原則現金化できない

現金化業者では他人名義カードはNG

残念ですが、基本的に他人名義のカードはどの現金化業者でも受け付けてくれません。

盗難カードや偽造カードなどの疑いがあり、犯罪に加担してしまう可能性があるためです。
例え本当に、友人や家族から許可を受けたカードだとしても、後々使用許可をめぐってトラブルに巻き込まれる可能性も否めませんので、カード名義人から申し込むように言い渡されます。

クレジットカード現金化業者が、現金化申し込みの際に身分証明書を確認するのはこのためです。

もともと法的にグレーゾーンな取引ということもあって、現金化業者も利用者に対して慎重にならざるをえないんですね。

家族カードならOKな現金化業者もある

家族カードの現金化

友人や知人のカードでの現金化は不可能ですが、名義人のもとに発行されたカードであれば、受け付けてくれる現金化業者も中には存在します。

家族カードは、本当に家計を任されて預かっているのか、はたまた隙を見て財布から抜き取られたのか分からない夫のカードと違って、名義人の許可のもとに発行されているカードなので、信憑性が高いんですね。

それでも、各業者によって対応は様々で、すんなりと通ってしまう業者もあれば、正式な名義人への電話連絡と身分証確認を求める慎重なところもあります。
家族カードの利用ができるか尋ね、現金化に必要な手順を事前に確認しておくと安心でしょう。

ただし、家族カードの利用履歴は、本人の元に明細がいきます。
元からカード明細についてもまとめて管理している奥様なら心配いりませんが、そうでない方はバレないように何らかの対策を講じなければなりません。

また、これらの方法は、夫名義のカードを主婦が利用する、という場合ならいざ知らず、年端もいかぬ未成年の社会的な信用力ではほぼ不可能です。

自分で行う現金化なら、他人名義のカードでも大丈夫

他人名義のカードで現金化

実際、家族カードでの現金化を受け付けている業者は、一定数存在するとはいえ、そこまで多くありません。

やはり、面倒ごとに巻き込まれるのはどの業者もごめん、というのが本音で、家族カードの現金化を受け付けてくれる業者でも、自分名義での現金化に比べて、本人確認などの手順も煩雑になったり、手数料が高くなる傾向があります。

しかしその点、自分で行う現金化なら、家族カードはもちろん、許可さえとっていれば、友人や知人のカードでも実行することができます。

カード会社に現金化がバレてしまうと利用停止措置などを食らい、自分ではなくカードの名義人に迷惑をかけることになるので、急な高額な決済を避けるなど、基本的な注意事項は押さえておく必要がありますが、現金化業者に依頼する方法と違って、他人名義のカードだからといって不利になるようなことはありません。

まとめ

現金化業者の中には、カード名義人に隠れて現金化をしたい、という一定数の需要に応えて、

「面倒な審査・本人確認は一切なしで、現金化いたします」

などと銘打って広告を出しているところもありますが、利用はあまりおすすめできません。
お金に困っている人の弱みにつけこんで法外な手数料を搾取する、悪徳業者の危険性が高いからです。

基本的に、健全経営をしている現金化業者の優良店であれば、トラブル防止のために本人確認を欠かしません。
お金欲しさに、悪徳業者に騙されないよう、くれぐれも注意してくださいね。