2018/10/31

比較!店舗型とネット完結型の現金化

店舗型とネット完結型業者を比較する女性

少し詳しい方であれば、クレジットカード現金化の業者には、実際に店舗を構えている店舗型と呼ばれる業者と、ネットだけで取引が完結するネット完結型の現金化業者がいることをご存知かと思います。

店舗型を利用するのは、非常にリスキーであるということを知っておかなければなりません。
もちろん、自分が業者と直接会ってやり取りを行うので、確実に現金を手にできるという安心感はあります。
しかし、ネット完結型とは違い、店舗を有しているため、場合によっては「クレジットカードの利用停止」という事態を招く恐れがあることを知っておきましょう。
それに引き換えネット完結型は、リアルに店舗を有していないため、クレジットカードを利用して買い物を行いその商品と還元率をもとに、現金を手にすることができるという「一元化」で済むところが魅力的です。
一元化で済むということは、それだけリスクが少ないということができます。

店舗型の現金化方法は?リスクが高いって本当?

まず、リアル店舗で現金を取り扱っているところは、店舗ごとにどこのカード会社が利用できて、還元率は何パーセントか、ということが公式サイトや店外の看板に出ています。
利用する人はこれを参考に、現金化を行う店舗を検討するわけですね。
自分が直接店舗に行っているわけですから、ネット環境も必要ありません。
今は少なくなっているかもしれませんが、パソコンやスマホといった機械の操作が苦手な人でも、簡単に利用することができます。
また、店舗で直接商品を現金化するので、安心感があるといったことも特徴。
方法としては、その場で商品を購入して現金で買い取ってもらう、いたってシンプルなもの。
優良店舗の場合は、一目で還元率等が分かるような表示になっていますが、悪徳業者の場合はきわめてわかりにくく表示がされているので注意してください。
悪得業者を選んでしまった場合は、クレジットカードの利用停止のリスクが通常以上に高くなるので、慎重な店舗選びが必要です。

ネット完結型の現金化方法とは?即日最短5分って本当?

多くのネット完結型の業者の場合は、最短5分で預金口座への振り込みを行ってもらえます。
また、受付は24時間行っているところがほとんどなので、ピンチの時にすぐに申し込みが可能ですし、その支払方法は自分が利用しているクレジット会社の支払い方法を採用しています。
そのため、1回払いは勿論のこと、分割払いやリボ払いといった方法も選択することもできてとても便利。
ですから、通常の買い物のように1回払いで支払うのは少しきつい、そう感じた場合であれば、分割払いをしてお金を支払っていけばいいということになります。
商品をネットショッピングで買い物をするように購入すれば、あとは簡単に現金化することができます。難しい手間はありません。

結論!現金化はネット完結型が有利である

このように、現金化する方法はリアル店舗での完結型か、ネットによる完結型の2種類があります。
また、還元率を比較すると、ネット完結型の方が、より多くの現金を手にすることができます。
また、リアル店舗の場合は「顔がばれる」といった不安もありますが、ネットであればそういった心配もありません。
1点違うのは、リアル店舗の場合はお店を構えているので、クレジットカードが利用停止になってしまう可能性が、ネット完結型よりも高いということができます。
現金が欲しくて現金化をしているにも関わらず、肝心の元手となるクレジットカードの利用が停止となってしまっては、手の打ちようがなくなってしまいます。
ネット完結型は、リアル店舗がない分だけその実態を知られにくいという特徴があります。
店舗完結型よりも現金が直接受け取れないといったことはありますが、クレジットカードの利用停止といった事態を招く可能性は低いということができます。
ネットで検索すれば、多くのネット完結型のショップがヒットします。
また、還元率もそれぞれ掲載されていますので、少しでも多くの現金が手にできるよう、情報収集をされることをおすすめします。