2018/10/31

比較!現金化の買取方式とキャッシュバック方式

買取方式とキャッシュバック方式どちらかで迷う女性

現在、クレジットカード現金化をおこなうには、業者を通すのが一般的です。

クレジットカードを1枚持って現金化業者に依頼すれば、指示に従うだけで簡単に現金を手に入れることができます。

そんな、お金のピンチを助けてくれる現金化業者ですが、実はその取引の様態によって

「買取方式」
「キャッシュバック方式」

の二つの種類にわかれるんです。

買取方式とキャッシュバック方式、どちらもクレジットカードを使って現金を手に入れることができるのは同じ。

ですが、その仕組みやメリット、デメリットは大きく異なっています。
つまり、クレジットカード現金化を業者に依頼する上で、両者の違いを知っておくことはとても大切なことなんですね。

業者に丸投げすればいいや、と思うのではなく、利用者側もしっかりクレジットカード現金化の基礎知識を身につけておくことが現金化成功の秘訣です。

そこで、今回の記事では買取方式とキャッシュバック方式の違いを解説!
両者の違いをおさえ、自分に合った方法を採用している現金化業者を選びましょう!

買取方式とは

買取方式とは、クレジットカードで決済した商品を転売してお金を得る方式のことです。

取引に使われるのは、新幹線回数券やブランド品、ゲーム品など、価値のある商品。
こういった、転売するときに価値が下がりにくいものをカードで決済し、それと引き換えに現金をGETします。

イメージとしては、中古品を質屋に持ち込んでお金を得るのと一緒です。
実際、クレジットカード現金化業者も中古品売買という名目で経営を行っています。

現金化ショップは買取方式

道で車を走らせている時や、栄えている駅前で「現金化」と大きく書かれた看板を見かけたことはありませんか?

こういったお店は、一般的に現金化ショップと呼ばれており、全て買取方式の店舗です。

入店後は、店員の案内にしたがって申込書を記入します。
その後、換金率の説明などを受け、本人確認書類を提示。
そして、指定された場所でクレジットカード現金化に利用する際の商品を購入することになります。

この指定される場所というのは各店によって指示が異なります。
他のお店がないような郊外型の店舗であれば、店内の商品をその場でカード決済して現金と引き換えになりますし、駅前店舗であれば近くのみどりの窓口などに新幹線回数券を買いに行くよう言われる場合もあるでしょう。

安全性が高い

買取方式は、クレジットカード現金化という方法が世に広まり始めた頃から使われている方法なので、堅実な経営をずっと続けてきた店舗も多いです。
このため、名の知れたお店や、古くから営業している老舗の買取方式は、取引の安全性が高いところが魅力といえます。

くわえて、対面式であるという安心感も買取方式のメリットの一つです。

クレジットカード現金化業者に現金化を依頼した場合、最も多いのは、お金にまつわるトラブル。
取引の後、口座に入金された金額が予定金額よりも少なかったり、ひどい場合は入金自体がされないこともあります。

が、対面式である買取方式の店舗であれば、目の前で金銭の授受がおこなわれるので、こういった問題は起こりにくくなるといえます。

ただし、直接顔を合わせて取引するということは、裏を返せば怖いお兄さんに脅される危険性もあるということ。
少しでも怪しい雰囲気を感じたら入店は控えるようにしましょう。

換金率が低い

土地にお店を建てて経営していくには、土地代、家賃、光熱費、税金など様々なコストがかかります。

その土地に根付いている買取方式の現金化業者は、こういった諸経費を利益でまかなわなくてはならないため、換金率が低く設定されている場合も多いです。

クレジットカード現金化の換金率の相場は75〜85%となっていますが、実際に店舗を構えている買取方式の相場は、70〜75%とやや低め。

安全性をお金で買うと思えばそこまで高くはないのかもしれませんが、なるべくお金をかけずにクレジットカード現金化したいという方は、最低限知っておいてほしい知識です。

時間や手間など、コストとの兼ね合いが利用の鍵

人と直接やり取りできるという点から安心感のある買取方式ですが、当然利用するには営業時間内に店舗へ赴く必要があります。

店舗の経営時間は10時〜20時前後。
土日祝日は営業していないところもあるので十分なリサーチが必要です。

また、自宅に近い場所や交通の便が良い場所にあれば良いですが、地方に住んでいる方だと周辺に店舗自体が存在しないこともしばしば。
こういった場合、お店まで行く労力、交通費、時間など、負担が大きいことを理解しましょう。

ネット上で取引できる買取方式の業者もあるのですが、その場合、カード購入した商品を業者から受け取り、それをさらに業者に返送するという手間がかかります。

面倒臭いと思うかもしれませんが、あくまでも中古品売買という取引の体裁を保つためにも、利用者と店の商品の移動は必須。
この手続きを省くようなところは悪徳業者である可能性がある他、後々自分もトラブルに巻き込まれる危険性があるので、利用は避けるのが賢明です。

このように、買取方式の業者を利用する際には、店舗まで行くまでの時間や手間など、全体的にコストとの兼ね合いを考える必要性があるといえそうです。

キャッシュバック方式とは

今まで、買取方式のクレジットカード現金化業者について見てきました。
今度は、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者についても見ていきましょう。

キャッシュバック方式とは、インターネットの普及にともなって台頭したクレジットカード現金化の方法です。

買取方式が、中古品売買という形で取引するのとは異なり、

「この商品を買うと○○円キャッシュバックします」

など、あくまでも商品購入の特典として現金を付与するという体裁を装ってクレジットカード現金化をおこないます。

ここで扱う商材は、いわゆる現金を与えるための口実となるため、おもちゃの指輪やパワーストーンなど、実質的な価値を伴わないものとなるのが特徴です。

キャッシュバック方式は無店舗型が一般的

一般的に、キャッシュバック方式を採用している現金化業者は、ネット上のみで経営をおこなっています。
ECサイトで商品をカード購入してもらえば、あとは利用者の口座へ振込と商品の発送を行えばよく、オンライン上で全ての手続きが完結してしまうため、わざわざ店舗を構える必要性がないんですね。

このため、ネット環境さえ整っていれば、申込みも24時間365日好きな時にできるので、スキマ時間にスマホからでも申し込めるのが魅力です。

キャッシュバック方式の現金化業者の利用手順としてはまず、HPにアクセスし、必要事項をフォームに入力して送信します。
その後、折り返し業者から電話やメールで連絡が来るので、そこで希望金額や条件を確認。
双方が合意すれば取引は成立です。
カード決済が終わると、口座に現金が振りこまれ、商品が発送されます。

買取方式の場合とちがって、購入品のキャッシュバックとしてお金を付与してもらう形になるので、届いた商品を業者に返送する必要はありません。

低コストでスピーディに現金調達できる

キャッシュバック方式は、土地にお店を建てて経営をしているわけではないので、買取方式の店舗型よりも維持費が少なくて済みます。

このため、クレジットカード現金化の手数料である換金率が、高めに設定されているのが魅力です。
優良店を利用すれば、80~85%の換金率でクレジットカード現金化が可能。
コスト重視の方にはおすすめの方法といえるでしょう。

また、手軽にネットから手続きを行うことができるので、現金化までにかかる時間も短いのが特徴です。

初回の方でも、申し込みから始まって、振込完了まで、最短40分程度で手続きが可能。
2回目以降の利用では、本人確認などの手続きを省略することができるので、最短5分でクレジットカード現金化することができます。

悪徳業者を見分けるのが難しい

低コストで迅速なクレジットカード現金化が可能なキャッシュバック方式。
ネット上で全ての手続きが完結し、商品を返送する手間がかかないので、買取方式と比べて使い勝手が良いように感じられるかもしれません。

しかし、ネット上で業者とのやりとりが済むということは、直接顔を合わせる機会がないということ。
店舗の雰囲気や従業員の接客態度などを肌で感じることができないので、そのぶん悪徳業者の見極めが難しくなります。

大手で有名なところや、複数の口コミサイトや比較サイトで評判の良い業者を利用するなど、下調べを入念に行い、優良な業者とそうでない業者を見極める必要があります。

二つの方式を使い分けて賢い現金化を

買取方式とキャッシュバック方式は、双方一長一短。
どちらが良い、と一概に言い切ることはできません。

「急いでいるときやコスト重視の場合はキャッシュバック方式を利用する」
「安全な取引を重視したい場合は買取方式の店舗型を選ぶ」

など、自分が現金化に求めていることに応じて使い分けていきましょう。

ただし、一般的にスピーディと言われているキャッシュバック方式よりも、出先ですぐ近くに買取方式の店舗があるのなら、そちらのほうが早い可能性があります。
逆に、安全だといわれている買取方式でも、万が一怪しい雰囲気のお店に入ってしまったら、怖い思いをすることになるでしょう。

このように、自分の状況や場面に合わせて買取方式とキャッシュバック方式を使い分けることが賢い現金化への近道です。

また、どちらの業者を利用するにしても、きちんと下調べをすることは欠かせません。
クレジットカード現金化を知り、方式の特性を知り、業者の特徴を知ることで、クレジットカード現金化を成功させましょう!